敢えて違うものを選ぶ

出会いアプリを利用していて、気になる異性との出会いを経験できた人はどれだけいるでしょうか。
多くの人が幅広く集まる場として、素敵な人を探すのに出会いアプリはとても有効な手段です。

素敵な異性との出会いが普段あまりなかったり、ちょっとした話し相手が欲しい人だったり、アプリに人々が集まる理由は色々とあるでしょう。
しかし、その目的の共通事項は、誰かとアプリを通して出会うことです。
そしてその相手が異性であり尚且つ恋愛目的であるなら、最終的には実際に外で会うという約束にこぎつけたいものですが、実際に会えるかどうかは、アプリを通したやり取りの上での相性によるところが大きいです。

自分が良いと思っていても、相手が自分を良いと思っているとは限りません。
反対に相手からどれだけの好意を寄せられたとしても、自分がそれにつり合うだけの気持ちを抱けていないのなら、実際に会おうと言われてもなかなか了承できないものです。
しかし、実際にアプリを使い、外での出会いを果たした男女は数多くいます。
きちんとしたお付き合いに発展し、結婚できたカップルも中にはいるでしょう。
そういった男女は、そうならなかった男女とは何が違うのでしょうか。

単に話が合わなかったという場合もありますし、メールでのやり取りに違和感を覚えたという場合もあります。
そう思う理由も様々ですが、結局分かれ道となるのはお互いのセンスがどれだけ調和できていたかによるでしょう。
センスが合わない人に対しては、自分の感覚と釣り合いが取れない違和感を覚えるはずです。
しかしセンスが異なるからと言って恋愛が成り立たないかというと実はそうでもありません。

人の中の感覚や思考経路は生きていくうちに変わっていくものです。
人との出会いによって変わる事も大いにあり得るでしょう。
アプリを通して出会った異性が自分とは異なる感性の持ち主だった場合、そこから付き合いを深めていくという事は自分の視界を広げて世界観を変えるチャンスでもあります。
見えないものが見えてくるようになり、固定観念が払しょくされる場合もあるでしょう。
価値観の違う人との出会いは貴重なものです。
恐れず視野を広げてみる試みも必要ではないでしょうか。