存在に感謝する

好きになれる異性との出会いはとても素敵な事ですが、その後の関係においても出会い当初と同じ感情を持ち続けていられるかどうかはカップルによって異なります。

付き合い始めの頃であれば、相手のやる事成すこと全てが好ましく思えている時代もあるでしょう。
しかし時間が経ってお互いの関係に慣れが出てきた頃になると、少しずつ相手の理解できない部分は目立ってきてしまうものです。
大好きな恋人だからといって好みまで一致するとは限りません。

それを許容できるかどうかは自らの心の広さであったり、相手に対する思いの強さであったり、あらゆる状況によって分かれます。
「この人とはもうやっていけない」と感じてしまうカップルがいるのは、妥協しかねる状況に度々直面した末の結果でもあるでしょう。
では、本当は大好きだけれどセンスが合わない恋人といつまでも付き合っていくにはどうすればよいのでしょうか。

相手の理解しがたい部分でも全て認めるべきだということではありません。
自分を押し殺して相手を無条件に受け入れていると、どこかで必ず無理が出てしまうでしょう。
しかし完璧な容認はできなくても、相手を認める努力くらいであればできるのではないでしょうか。

プレゼントをもらったとき、好みの品物ではなくても相手がどういう気持ちでそれを選んでくれたのかを想像してみましょう。
おしゃれなレストランとは程遠いお店に連れて行かれたとしても、相手はこういうのが好みなのだろうと冷静になって考えてみてもいいかもしれません。

気付かなかった相手の一面を知っていくことによって、許せない部分も多少程度の妥協はできるようになるものです。
一緒にいられるということ自体に感謝出来れば、気になっていた点も自ずと目に入らなくなっていくでしょう。

これは出会いアプリのように顔の見えない相手でも同じです。
アプリ上でのメールをしている時に、相手の無神経な言動が目立ったり、我儘な物言いが多かったりするかもしれません。
しかしそこでやり取りをやめてしまうか、もう少し相手の事を探ってみるかは自分自身の気持ち次第です。
多少の気に食わないところには目を瞑り、相手の良いところを探してみる努力も必要ではないでしょうか。